人気ブログランキング |

千葉県在住 ぴーなっつ   下手な石けんとか日々のこととか。新米ヘルパーとして奮闘中。  スパム対策に「ttp://」をNGワードに設定しています。
by peanuts123
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新のコメント
>べるべん さん ..
by peanuts123 at 20:13
こんにちは。  ひ..
by べるべん at 09:53
>べるべん さん ..
by peanuts123 at 21:32
今年もよろしくおねがいし..
by べるべん at 23:49
>みやたまはむ さん ..
by peanuts123 at 21:12
カテゴリ
全体
ごあいさつ
石けん・コスメ
健康・フィットネス
お花&自然
ホーム&ファミリー

その他
つぶやき
未分類
以前の記事
2017年 02月
2016年 01月
2015年 01月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 05月
2012年 08月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
タグ
(49)
(13)
(11)
(9)
(7)
(7)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:椿油 ( 2 ) タグの人気記事
#55 #56 石けんと使用感
2ヵ月半も、ブログを放ったらかしにしていました^^;
正月に帰省した時の椿油を使って、3月に作った石けんのご紹介です。
って、もう夏や~~ん!!


#55 残り物の石けん(左奥)と#56 椿油の石けん(右手前)
f0160446_13441856.jpg


相変わらず見た目の悪い石けん…
でもこれが私の個性?!と開き直りつつある今日この頃。
そろって茶色なのはハチミツのせいです。
しかも、左奥のはハチミツを入れ忘れて
一旦型入れしてからまたボウルに戻してハチミツを入れたので
型に残っていたハチミツ無しタネがモヤ~ンと残っております。

ハチミツを入れると、泡立ちが良くなるので好きなんだけど色がちょっと。
でも、去年作ったハチミツ入りキャスティール
ベージュ色が抜けて、EVオリーブの緑色が戻ってきているので
時間がたつと少しは良くなるようです。




もうとっくに解禁済みなので、使用感も一緒にUP。

#55 残り物石けん 使用感

計ったまま放置していたココ、パーム核、パームに
半端に残った再生オリーブで作ったもの。
ココナッツ、パーム核合わせて30%に近いので泡立ち良好。
それなのに(私にとっては)実にソフト。しっとりキュッと洗いあがります。

私がこの道に入るキッカケとなったナイアードのダフネ石けんに近い洗い心地。
(EVオリーブ70% ダフネオイル(月桂樹脂)25% パームオイル5%)
ちなみに私アルガン石けんはイマイチなのです。
(EVオリーブ30%、 アルガンオイル20% ココナッツオイル30% パームオイル20%)
パーム油が少ないのが良いのでしょうか。
そのわりには硬い石けんになりました。


#56 国産椿油石けん 使用感

椿油は、脂肪酸組成がオリーブと似ているので
泡立ちはマルセイユ石けんと良く似ています。

ただ…洗顔した感じがヌメヌメ、ヌルヌル?そんな感じ。。。
キュッとしたオリーブとは違います。
なんかイマイチ?と思ったけれど、髪を洗ってみたら
そのヌメヌメヌルヌルが良い感じ~♪
市販の合成シャンプーほどではないけれど、髪がツルツル~になりました。



自家精製なので不鹸化物が多いのかも。

詳細
by peanuts123 | 2010-06-01 22:07 | 石けん・コスメ | Comments(0)
椿油の精製
遅くなりましたが、椿油の精製です~。
参考:「ぽれぽれ 田舎暮らしはおいしい楽しい」松井美香著 文化出版局

f0160446_16233542.jpgf0160446_16235249.jpg
左:母が拾って乾しておいてくれた椿の実670g。
これを弱~中火で炒ります。本には「真っ黒になるまで」と書いてありますが
2年前は炒り過ぎた感があったので今年は20分くらいに。
結果からいうと、これは短すぎたみたいです。
それに鍋の大きさにもよりますが、半分に分けてやった方がよかった。
この鍋の大きさは50cmくらいです。
右:すり鉢に移して突き砕く。苦節30分でこのくらい・・・
やはり量が多すぎて、こぼれてしまいます。
あとで 1/3 程出してすりました。


f0160446_16241229.jpgf0160446_16242588.jpg
左は2/3 右は 1/3 量の写真です。
1時間くらいすったと思いますが(記録取り忘れ)どろどろとまでは行かず。


f0160446_16245542.jpgf0160446_1625737.jpg
左:鉢の中にお湯を入れて(水でも可)洗うように全部を鍋に移します。
全体がじゃぶじゃぶになる位に水を入れ火にかける。
ミルクティーのような甘い匂いがします。
右:煮立つとアクと油が浮いてきます。
それをすくい取り、小鍋に移します。どのくらい時間をかけて
どこまでやればいいのか・・・まだ経験不足。


f0160446_16252862.jpgf0160446_16254255.jpg
左:小鍋を火にかけて煮詰めます。
アクが固まって油がにじみ出てきます。
右:その油を漉して出来上がり。
この写真は透き通っていますが、冷めると濁ってしまいました。
670gの椿の実から130g(19.4%)取れました。

反省点。
2年前のメモを見ずにやり始めてしまいました。
次は30分は炒ろうと思います。
300gずつくらいに分けてやる。
もっともっと擂る!もっとしつこくすくい取る。

来年はもう少し参考になる記事を書けるように頑張りますm(_ _)m

2年前のメモです。
by peanuts123 | 2010-03-08 14:07 | 石けん・コスメ | Comments(6)